太陽光ビジネスするなら株式会社JSBC

株式会社JSBC(ジェイエスビーシー)公式webサイト

土地付き太陽光発電を今始める4つのメリット

  • 20 年間 38.88円

    安定収入

    売電年金

  • 嬉しい節税

    グリーン投資減税

    今だけ!!

    100%償却

  • 売電収入

    補償特約付き

    充実保証

    フルサポート

  • 驚きの

    高利回り

    年利

    9%〜12%

固定価格買取制度とは

再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるもので、2012年7月1日にスタートしました。 電気事業者が調達した再生可能エネルギー電気は、送電網を通じて私たちが普段使う電気として供給されます。このため、電気事業者が再生可能エネルギー電気の買取りに要した費用は、電気料金の一部として、使用電力に比例した賦課金という形で国民の皆様にご負担をお願いすることとなっております。


国が電力会社に、一定の期間・価格で買い取る事を義務づけます。

「平成23年法律第108号 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の施行により、太陽光発電事業者には平成24年度では固定買取価格が1Kwあたり40円(税抜)、平成25年度では固定買取価格が、1Kwあたり36円(税抜)、平成26年度では固定買取価格が1Kwあたり32円(税抜)と定められ、この価格により20年間固定買取制度がスタートし、事業者にとっては非常に安定収益をもたらすビジネスとなっています。また、この3年間において認定を受けた事業者については20年間の固定買取が決定していますが、あくまで特別措置法であり今後は単年のみで、尚且つ電力会社との自由契約になる為、不安定且つビジネスとしては非常に厳しい環境となってきます。したがって、まさに今がこのビジネスに参入するのに一番のチャンスといえます。

本年からは1法人・1個人にて1発電所の認可となり、今までのような1法人が複数の設備認定を取得することが出来なくなり、今後は分譲型太陽光発電所の販売そのものが出来なくなります。

このような環境から、今が太陽光発電事業に参入する 最後のチャンスかもしれません


グリーン投資減税とは

太陽光発電の設備を取得して、それを事業のために用いた場合には『グリーン投資減税』が適用されることになります。これは土地付き太陽光発電に投資をした場合でも、適用されることになります。グリーン投資減税が適用される条件と、それによって得られるメリットは次のようになります。 再生可能エネルギーの固定買取制度の認定を受けた一定規模以上の太陽光発電設備を取得し、その後1年以内に事業の用に供した場合の税制優遇措置。ただし平成25年4月1日から平成28年3月31日までの期間内に取得したものに限ります。

グリーン投資減税で100%全額即時償却が可能です。

対象者:青色申告書を提出する個人または法人
・即時償却(取得価額の100%全額償却)
・普通償却に加えて取得価額の30%相当額を限度として償却できる特別償却
・中小企業者に限り、取得価額の7%相当額の税制控除


このように産業用太陽光発電に投資した費用は経費として計上がすることができ、 結果として節税対策につながることになります。



補償特約付きとは



太陽光発電事業を支えている 充実・保証・安心サポート

驚きの高利回りとは

これほどの!!
20年間、安定安全投資は
他にない!!

どのような投資であっても、リスクとリターンは見合っている
という事実が当然です。
しかし、今回の太陽光発電投資は、リスクに対するリターン
の保証が厚く、様々な補償もされ、国のサポートもついている
安定性が、通常の投資案件と全く違っている点と言えます。
ライフラインの拡張に必要不可欠である電力という商品で
あり、太陽という不変の効率で、私たちの投資は20年続くのです。


  • その一、販売価格に連携費用が含まれている!

    販売価格の高い・安いではなく、大事なチェックポイントは、その代金に含まれる詳細や内訳です。
    本当に全ての商材や商品、経費が含まれていますか?
    その販売価格の他にかかる費用はないか、十分注意深く確認する必要があります。多くの販売業者が、販売価格に含まない項目が「電力会社との連携費用」です。
    この価格はケースバイケースですが、場合によっては、100万円〜500万円の追加費用となる場合があります。
    王者では、販売価格に含んでいますので、ご安心ください。

  • その二、20年間のサポート料金が安い!

    メンテナンス料金や、モニタリングサービス料金等は、最低限の価格の業者を選ぶ方が良いでしょう。
    高額だから良いサービスだとは限りません。どこの業者も同じ作業、同じサポート内容だと思われます。
    サポート料金は、年間15万円〜30万円と開きがありますが、300万円〜600万円の追加費用が必要となります。
    当社の場合は、年間約10万円〜約13万円(保険料金の差があります。)200万円j〜260万円のサポート費用が掛かります。

  • その三、20年間の収益シミュレーションの正確性が高い!

    そのシミュレーションには、メンテナンス料金や保険料・サポート料金・パネルの劣化を考えた発電量・10年から15年後のパワーコンディショナーの交換費用(約150万円)は含まれていますか?多くの業者が、これらの詳細を省き単純な発電量と売電単価のみで試算することがありますが、当社では、実質利回りの試算の場合、これらの試算も実施します。

  • ↑ PAGE TOP

    LED照明のJSBC ホームコスト削減導入実績会社概要お問合わせ個人情報保護方針サイトマップ

    Copyright(C)2013 JSBC Ltd .All Rights Reserved.